QLOOKアクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

進撃のねこの小ネタ2

「進撃のねこ」の編集が終わってすっかり燃え尽きているすしたろうです。
それではさっそく小ネタ紹介第二弾

進撃8

①血痕が肉球
ここの部分はまだ真面目なパロディを作っていた時期に作成したので、シンプルな小ネタです。
元ネタでは血痕がザバッと画面にかけられているような感じだったので肉球に変更しました。

実は進撃の巨人のOP以外全く見ないで今回の動画を作ったので、設定自体もイマイチ理解していません。
このシーンも背景が巨大な壁という事を知らず、夜で暗くなっていると思い込み背景を作成、他の部分を作っているうちにこの背景部分が壁だとう事実に気づきました。。。

進撃9

②血痕がカエルの足跡
嫁ガエル登場シーンなので右側の2カ所だけ肉球を使わずにカエルの足跡を使用。
動画は完全に悪ふざけです。手前がちびニャー助をつかまえようとするニャー助。真ん中は嫁ガエルの肩をもみながらせんべいを物欲しそうに見るニャー助。一番奥が逃げる猫とそれを追う嫁

なんで嫁がかえるをかぶっているか、わからない方の方が多いと思いますのでざっと補足
・元々は「垂直跳びには敵わない」でかえるの洗濯物干しを使い、その予告編「垂直跳びには。。。。」で遊びでサブタイトルを「かえる帝国の逆襲」とつける
・「垂直跳びには敵わない」のパロディ「走り幅跳びにも敵わない」作成時に100均でたまたまカエルの被り物を発見、嫁、かえる帝国の皇帝に就任。予告編でサブタイトルを「かえる皇帝は嫁ガエル」とつける。
ちなみに嫁ガエルはエグザイル→嫁ザイル→嫁ガエルという流れです。

進撃10

③場面転換の黒い物体がカエル
元ネタは場面転換する一部のシーンで黒い物体が動いて場面転換していたので、似たように作って場面転換に使用しましたが、編集をやっているうちに飽きてきたので一カ所だけお遊びでカエルを使用。

進撃11

④尻尾だけ。。。
写真のまんなか「す」の両隣に尻尾だけが映っています。(動画では動いています。)これ完全な消し忘れです(苦笑)
この部分を作った直後に気づきましたが、手直しは全部のシーンが終わってからにしようと思い、放置。
結局、他にも修正する部分が多かったので、これはそのままにしました。
くま頭は特に意味はありません。しいていうなら守り神的なイメージです。これも魚にした方がわかりやすかったかな。。。

進撃12

⑤1匹だけ
真ん中のニャー助がめちゃくちゃかっこいいのですが一瞬で消えてしまう残念なシーン。当初はこれをサムネに使用する予定でしたが動画がおバカになったのでサムネもそれに合わせて変更しました。
この場面一瞬なんで誰も気づいていないと思いますが、左端のニャー助が舌を出しています。
作成時はあくびをしている動画を入れる予定でしたが、あまりにもシーンが短すぎるので断念こちらに差替えとなりました。

進撃13

⑥うらやましい?
ここは皆さん嫁ガエルに目がいかれたと思いますが、それを物陰からひっそり伺う巨猫ニャー助がいます。
いちおう自分の設定ではこの巨猫がサムネのカエル巨猫になります。

進撃14

⑦魚と見せかけて。。。
やっぱりくま。元ネタは岩っぽいのが使われていましたが魚に変更、一瞬だけくま頭を使いました。

進撃15

⑧天かす名人
ここも動画のテンポが速いのでわかりづらいかと思いますがシチューを探すがカレーしかないという実にくだらないシーンです。
「進撃のねこ 総集編Vre」の時から入れたかったのですが、総集編の編集時に我が家にカレーがなかったので断念。今回4ヶ月間の念願が叶いました。といいつつ撮影時に引き出しを漁っていたら「天かす名人」を発見。気に入ったのでそちらがメインになっています。

今日はここまで、続きは明日以降にアップします。長文最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは、また。
関連記事
スポンサーサイト

| ネコ動画 | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekononyasuke.blog.fc2.com/tb.php/252-564a013c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。